愛寿会の介護には「心」「笑顔」「自分らしさ」
採用にエントリーする

  • 先輩職員の声
  • 採用情報
  • 愛寿会の人材ポリシー

自分らしさ/自分らしく働くために… 愛寿会の就業環境

●働く環境と交流

職員ひとりひとりが仕事と個人の生活をバランスよく両立し、能力や個性を職場で十分に発揮できるよう、働きやすい環境づくりに努めています。また、いい仕事をするためには、社内でのコミュニケーション活性化が重要と考えており、歓送迎会や親睦会など、さまざまなイベントを開催しています。垣根を越えて、全職員が交流を深めています。


●教育

愛寿会には、人材育成制度があります。 新人職員に先輩職員が1対1で付き、1年間かけて日々の業務を基礎から指導をいたします。外部講師だけではなく、職員が講師となり、介護・看護に関する研修会や、外部研修・海外研修の報告会、業務改善などについての勉強会や討議が活発に行われています。


●キャリアステップ

愛寿会では新規採用の方の大半は、まず特別養護老人ホームでの介護職に配属されます。それは、将来相談員やケアマネジャーなどの職に就くとしても、まず直接介護を経験することで、親身な相談や家族の介護の現実をより深く理解できるという考えから来ています。また介護職としてキャリアを深めていく場合に おいても、いきなり居宅系のサービスにつくのではなく、24時間365日の施設において総合的な生活援助を経験することが最も基本に忠実であり実力をつけ ることができる道だと考えるからです。

その後のキャリアステップは様々です。本人の能力・適性を見極めながら、早い方では数年で副主任というリーダークラスに昇格することもあります。その後、 入所相談などを行う生活相談員や、デイサービスなどの事業においてリーダーとして活躍する職員もいます。認知症介護や個別ケアをより深めたいと希望する職員もいます。いずれの場合も、必要な経験を積み、ぜひ介護支援専門員の資格を取得してもらいたいと考えています。


1〜5年後 特別養護老人ホーム介護スタッフ/3〜5年後 特別養護老人ホーム副主任、デイサービス等介護スタッフ/5〜10年後 特別養護老人ホーム主任、特別養護老人ホーム相談員、デイサービス主任、ケアマネージャー

  • 人材ポリシー
  • 就業環境

プライバシーポリシー